深夜にスープを作る

0歳次男授乳後、寝付けず起きてしまった。
仕方なく明日朝のスープを作る。
手羽中を胡麻油と生姜で炒め、水から煮て創味シャンタンとチンゲンサイを加える。
母娘二人暮らしで鶏ガラを煮てスープを作る小説、あったな…。タイトルは思い出せない。
外で鳥が囀り始めた。寝ます…。

継続の原動力ですm(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログへ

梅雨にぴったり「ぽつぽつぽつ」

こどものとも0・1・2の「ぽつぽつぽつ」がとても気に入っている。
上下開きで、シンプルな絵柄が素敵。
今日は4歳長男にお願いしたところ、0歳次男に読み聞かせていた。
また舌足らずなところがあり、ぽつぽつがぽちゅぽちゅになるところがカワイイ。

この絵本のフレーズを話しながら雨の戸外を歩くのはなかなか楽しい。
※品切れのようだったので画像は出版社からお借りしました。

継続の原動力ですm(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログへ

今日の一冊

今日は長男と、いわいとしおさんの「100階建てのいえ」を読んだ。
我が家では「100階建てのいえ」と、「地下100階建てのいえ」しか買っていないが、
シリーズを重ねているところを見るとなかなか売れている模様。

読み聞かせで飽きずに面白く読むには、
絵で表現されているシーンを拾って話してあげるなど結構テクニックがいる本だと思うし、登場人物の受け答えが合っていないのが気になるが(マジメすぎ?)、やさしい世界観が魅力的。
子どもに任せ、黙読させるのが正解の本なのかもしれない。

継続の原動力ですm(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログへ

ことばドリル

この4月からNHK教育「ことばドリル」を4歳長男に見せている。小学校1、2年生向けの国語の番組だ。
「ことばドリル」はサイトで平仮名やカタカナのクイズを公開しており、夕飯を作っている間、長男にタブレットPCを渡したら楽しんで解いていた。
とりあえずNHKに感謝。

継続の原動力ですm(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログへ

就寝時刻を伸ばす

4歳長男は今日、保育園での昼寝も半分くらいしかしなかったらしい。それを聞いてとりあえず話し合い、実験的に、就寝時刻を30分伸ばし、9時半にすることにした。私は次男と9時前には寝るけど、夫がなんとかするらしい。男同士のいい時間にしてほしいけど…初日現在、階上からはアニメの音がしている。
寝不足の幼児なんて、輝きが失われてしまいそう。大丈夫か…。

継続の原動力ですm(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログへ

何時に寝かせるか問題

4歳長男は今夜も寝るとき、ひとしきりゴネた。
私にはベッドはこの上なく魅力的だが長男には違うらしい。高校生くらいまでは私もそうだったような気がするが、思い出せないな~。
多少叱ってでも9時にベッドに入らせるべきか、体力がついてきたのでとりあえず9時半にしてみるか…迷う。
夜の時間をテレビではなく使えるなら伸ばしてもいいかもしれない。何か寝る前のイベントを考えたい。

継続の原動力ですm(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログへ

「バムとケロのおかいもの」

今日はバムとケロシリーズから、
「バムとケロのおかいもの」を長男とページ毎に交互に読んだ。

友人宅で初めて読んだときには正直、私にはキャラクターが可愛いと思えずピンと来なかった。が、我が家の長男も保育園の本のなかで、このシリーズを読んでいたようで、本屋でこれを選んできた。
男の子を惹き付けるちょっとした冒険的要素とユーモアがあるのかもしれない。あと、キャラクターがほのぼのしていて雰囲気があるところがいいのかも。
ケロちゃんが開けた不思議なドアをページを遡って探したりして楽しんだ。

継続の原動力ですm(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログへ

絵本100冊セット

長男が生まれたとき、ヤフオクで絵本100冊セットを買った。たしか17000円。
我が家の絵本棚はこれがベースとなっている。高いと思ったけれど一冊200円しないし、名作絵本がたくさん入っていて、お得だった。しかもどうやら値崩れしにくそうで、同じような値段で将来売れるかもしれない。素晴らしい!
いろいろなセットが出されているなか、自分が幼い頃読んで心に残っている、
ぐりとぐらシリーズ
とけいのほん①、②
カラスのパン屋さん
だるまちゃんと天狗ちゃん
おおきな蕪
あたりが入ったものを選んだ。
購入してみて、およそ自分では選ばない本を子どもが気に入ることがよくあり、そういう意味でもセット購入はメリットがあるな、と思った。
自分なら手に取らない(しかも絶版だし手に取れない)本で、0歳のとき長男が読むといつも凝視していたのが、
ブライアン アダム・スミスの「どうぶつ」

画家の作品で、絵柄が迫力満点。
乳児には見づらいかな…と思ったが、よく見ていた。
長男に繰り返し読むうち所々破け、何回かの補修を経て捨ててしまったので次男のために、中古をAmazonで本日購入。
送料込みで400円くらいでした。
次男は気に入るかな~

継続の原動力ですm(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログへ

4歳長男が自分で読む本

長男が自分で本棚から本を出して読んでいた。
「ごくらくももんちゃん」


この本、購入した2歳ころは全く興味を示さなかった。
しかしカタカナが使われていなく、文字数が少ないし、
本の中で「すると」の文字の位置が面白いせいか、
自分で読める4歳になると急に興味を示すように。
子どもの興味は興味深い…。

継続の原動力ですm(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログへ

夜の絵本タイム

昨夜はテレビを消し、30分ほど絵本を読んだ。
ぐりとぐら
ぐりとぐらのかいすいよく
窓から贈り物
「ぐりとぐらのかいすいよく」は、ラスト、ぐりとぐらが海岸で遠く真珠灯台を眺めるところが叙情的で素敵。

長男は、ママはどっちがぐりだと思う?等と言って楽しんでいた。
歳ごとに楽しめる良本。私自身、子どものときに読んだことを今でも覚えている。
「窓から贈り物」は五味太郎の仕掛け絵本で、一歳くらいから楽しめるこれまた名作。こちらは文字が少なくそろそろ次男行きかも。

寝る前のお話は、「ムカデの医者迎え」。

継続の原動力ですm(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログへ