仕掛け絵本「とうさんまいご」

今日は、五味太郎さんの仕掛け絵本「とうさんまいご」を読んだ。
ぼくがおもちゃを研究するうち……いつのまにか父さん迷子。
父さんのほうが迷子になってしまうという男の子の世界観の素敵なこと。
大好きな絵本だ。

大きくなるにつれ、読まなくなってしまうけれど、絵本は決して小説の前段階の読み物ではなく、
小説とはまた違った世界観を持ち、長く心に残っていく素晴らしさがあると思う。
子どもへの読み聞かせの機会に、また絵本に触れられることができるのは幸せなことだね。

更新の原動力ですm(__ __)m > にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

2歳から遊べるカードゲーム「虹色のへび」

長男が2歳のころ、ファーストゲームとして購入した「虹色のへび」
中央からカードを引き、色が同じところをつなげていき、頭としっぽが揃ったらそのヘビ全てを取ることができる。2歳でも理解でき、勝つことができる良カードゲームだ。
しばらくやっていなかったが、やったところ、4歳半でもまだまだ十分楽しめた。
年の差兄弟の我が家だが、兄6歳、弟2歳くらいから一緒に楽しむことができそう。
カードゲームの良さは、負けても泣かない、明らかに負けそうでも勝負を投げないことを教えることができるところ。
子ども時代のいい思い出として記憶に残ってくれたら嬉しい。

更新の原動力ですm(__ __)m > にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

出産祝にも「見つけてみよう 動物編」

次男に見せつつ、久しぶりに長男と「見つけてみよう 動物編」で遊んだ。
厚紙製で乳児でも破れにくい図鑑系探し絵の絵本だ。
観音開きの手前の頁に動物・虫・海の生物などが50種くらい書かれており、開くと手前の頁に書かれた生物を含め、80種くらいの生物が風景とともに書かれている。
手前の右側の頁の生物は、見開きの左側の頁にあり、片側を閉じながら見比べて探し絵遊びをすることができる。
生物の名前を教えながら子どもと一緒に遊べる絵本で、我が家では何度となくめくっては遊んでいる。
マイナー絵本でかぶり懸念がないので、気軽なプレゼントにもよく、友達宅訪問などに何度か贈っている。

更新の原動力ですm(__ __)m > にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

久しぶりに「はっけんずかん むし」

長男が0歳のときに、はっけんずかんシリーズは全巻揃えた。 図鑑のページごとに10箇所ほどめくることができるようになっている。買ってみて、めくるときに自然と子どもの注意が向けられる、なかなかのシステムだと思った。
2歳から3歳にかけて頻繁に読んでいたが、リビングで場所をとるので、今はテレビボード内に並べている。結果、少々取りにくく、とたんに読まなくなった。 久しぶりに「むし」を読んだところ、0歳次男がめくり、4歳長男が読んだり次男に教えたりして、とても楽しめた。
小学館の図鑑も何冊か買い始めているが、4歳が自分で見るならまだまだこちらのほう。
長く楽しめる図鑑だと思う。
場所をとるのが悩みだ~(T_T)

更新の原動力ですm(__ __)m > にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

テレビ、見せ過ぎ…

4歳長男のテレビ見すぎが気になっている。
止めないと、朝から晩までいつまでも「おさるのジョージ」各話を見ている。
多数録画している我が家だが、さすがに辟易してくる。
そもそも、テレビ、長時間見せ過ぎているのだ。
平日は保育園中はゼロとして、帰ってくるなり2チャンネルと「おさるのジョージ」「昆虫すごいぜ!」「地球ドラマチック」などの録画を止めるまで見続ける。
なんとか興味を他に向け、トランプ、絵本読み聞かせ、ごっこ遊び、粘土、ブロック遊び、積み木、ビー玉転がしなどさせているが、家事などでこちらの手が離せないとテレビ、テレビ、テレビ。
付け始めると止まらない、テレビの中毒性を感じ、さすがに危機感を感じ始めた。
家事中に子どもが一人でテレビを見ないために、どうしたらいいのだろう…。
とりあえず、テレビ視聴時間を半減(平日2時間、土日3時間程度)させるべく、
➀一人で絵本など読むこと、
②一人でブロックなどで遊ぶこと
に取り組ませたい。
テレビのない部屋で遊ばせるのが一番かも。
模様替えが早道かな。

更新の原動力ですm(__ __)m > にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

味があるよね「あな」

谷川俊太郎「あな」
さすがに味がある絵本に仕上がっている。
こういう、子どもだけの世界観を表現した絵本、大好きだ。
4歳長男がこれを読んだとき、何を感じているかは分からないが、「どうだった?」「面白かった?」なんて聞くのは野暮というものですね。

更新の原動力ですm(__ __)m にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

絵が素敵「バルバルさん」

西村敏雄さんの絵が個人的に好きなのだと思う。
気づくと、本が増えていた。
バルバルさんを筆頭に、
もりのおふろ
まてまてタクシー
皆、やさしい顔をしている。
4歳長男が一番好きなのは「まてまてタクシー」。
ハットさんがタクシーに荷物を置き忘れ、タクシーを追いかけるお話。
男の子が好きな要素が詰まっていて、ケラケラ笑いながら聞いている。
2歳くらいから楽しめる絵本だと思う。

更新の原動力ですm(__ __)m にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

公文「教材終了テスト」国語

4歳長男が公文国語の「教材終了テスト」を受け、テストが返ってきた。
4Aが終わったところなので、「進一基準」なる、公文が定めた学年+6カ月先の基準より遅い。大体、学年ちょうどというくらいの進捗度合だ。
算数・国語両方合わせて一日5枚だと、この程度の進捗になるのだと思う。
うーん。本音を言えばもう少し枚数が進んでほしいが、20分くらいで終わる量が合っていそうなので、まぁ、いいでしょう。
その分、いろいろな読み聞かせやクイズなどで補っておけばよいということにしておこう。
自主的に本も読んでいるし、国語は嫌いではなさそうだ。
平日、あまり公文に時間を取られると、その日の出来事を話したり、クイズやトランプをしたり、という時間が取れなくなり、それはそれでマイナスだと思われ、時間のやりくりが難しい。
私が0歳次男と寝た後(すみません眠いんです)、長男と過ごす夫の働きに期待したい。
頼んだよ~☆

更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

海に行ったら読みたい「ぐりとぐらのかいすいよく」

旅行から帰宅し、選んだ一冊「ぐりとぐらのかいすいよく」
ぐりとぐらシリーズの中で一番好きな絵本だ。
ホテルの窓から遠く灯台の光が瞬いていたのが見えたので読んでみた。
いろいろな泳ぎ方のページなど楽しい絵本でありつつ、葡萄酒のボトルが流れ着いたり、浜辺から灯台の光を眺めたり、と旅情たっぷりなのが素敵な本だと思う。

更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

田んぼに水が溜まるわけ「地球」

4歳長男の今日の一冊はかこさとし「地球」。
旅行中、山、滝、田んぼや地層、山頂に降る雨などを見たのでそれを踏まえて読んでみた。なかなかの食いつきで母はウレシイ。
平日思うように一緒に過ごせない分、田んぼになぜ水が溜まるのか、畑を耕すということはどういうことかなど、素朴な疑問を拾って、いろいろな話をしたいと思う。
このような疑問に答えてくれる、本当に、いい本だ。
0歳次男には新幹線やら特急やらにいろいろ乗ったことを踏まえ「でんしゃくるかな」喜ぶ動物たちが可愛い。

更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ