今日の一冊

また風邪をひいた。寝てられないし、辛い…。
今日は次男には五味太郎「きんぎょがにげた」

カラフルな絵柄は私も大好き。五味太郎さんの描く子ども部屋、素敵すぎる。長男も一緒に見て、皆のところに行きたかったんだね~などと言っていた。
長男とは安野光雅「はじめてであう すうがくの絵本 3」。

1~3全てAmazonの中古で買ったが「まよいみち」(迷路)が入っている3巻が断トツで手にとる機会が多い。
「ひだりとみぎ」のテーマである、向きによって左と右は逆転することなどは、長男はまだ理解していないようで、これから5歳にかけて楽しみな本だ。ちょっとお勉強系なテーマのところを安野画伯の絵が和らげ、中世的な素敵な絵本になっている。

継続の原動力ですm(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログへ

こどものとも

「こどものとも」は、乳児向けの「0・1・2」、2~4歳向けの「年少版」、
4~5歳向けの「年中版」、5~6歳向けの「こどものとも」といろいろなシリーズがある。
さらに科学のとも、もあったりする。
一冊420円は格安で、ついつい手にとってしまう。
昨年は、保育園経由で、市販されていない「こどものともセレクション」を買った。
有名絵本が一冊420円だし、ソフトカバーでかさ張らないしでなかなかいいが、
今年は手持ちの絵本とたくさん被ってしまい購入を見合わせた。本棚ももう隙間がないし。
こどものとも何冊かと、気に入った絵本一冊と、同じ値段ならどちらがいいかは実はちょっと悩み、
4歳長男はもう自分で選べるので最近は、自分で選ばせるようになり購入していないが、
乳児や2~3歳の子に毎月買ってあげるには良いシステムだと思う。

継続の原動力ですm(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログへ

梅雨にぴったり「ぽつぽつぽつ」

こどものとも0・1・2の「ぽつぽつぽつ」がとても気に入っている。
上下開きで、シンプルな絵柄が素敵。
今日は4歳長男にお願いしたところ、0歳次男に読み聞かせていた。
また舌足らずなところがあり、ぽつぽつがぽちゅぽちゅになるところがカワイイ。

この絵本のフレーズを話しながら雨の戸外を歩くのはなかなか楽しい。
※品切れのようだったので画像は出版社からお借りしました。

継続の原動力ですm(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログへ

夜の授乳

0歳次男の夜の授乳はだいたい二時間おき。

きつい反面、日中保育園に預けている身としては貴重な触れ合いの機会。この期間が瞬く間に終わってしまうのを知っていれば尚更だ。

今週は私が風邪を引き、38℃台が続いたが、なんとか乗りきれた。
今am.4:22。夜が明けてきた。
二人三脚。頑張ろうね、次男くん!

継続の原動力ですm(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログへ