本当に、後悔…

今朝の通り雨の際、4歳長男が保育園に歩いて行きたくないとゴネ…軽くおしりをはたいたところ、
なんでたたくの、〇〇ちゃんたたいてないのに…と大泣き。
あーーもう、本当に後悔…。
かわいそうな上に、教育的効果がマイナスの何も得ることのない行為をしてしまった。
落ち着かせようと思ったんだけど…というのは言い訳ですよね。
もう二度と、やらないです。帰ったら、もう一回謝ろうと思います。
 
更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

私が大好きな絵本「飛べバッタ」

ヤフオクで絵本100冊購入した中にあって初めて知った絵本「飛べバッタ」 蛇や蛙にびくびくして暮らしていた生活から脱し、バッタが飛ぶ。作者の田島征三氏は「ふるやのもり」を描いたあの方なんですね。
この本のバッタのように、子どもたちには、人と例え違っても、自分らしく堂々と生きてほしい。
親として一番伝えたいことが描いてある絵本かもしれない。
4歳長男が積極的に手に取る本ではないけれど、定期的に読み聞かせたい。

更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

今日の一冊「しごとば」

長男→次男への読み聞かせが「きんぎょがにげた」
長男への読み聞かせは一冊目が「こんとあき」。
あき(主人公の女の子)が大きくなるにつれ、ぬいぐるみのこんがほつれてきたり、一人で暮らしているおばあちゃんが出てきたりという、何となく幸福の有限性、といったものを感じさせ、絵柄もノスタルジックで素敵な絵本だと思う。文字の量は4歳だと読んであげるには適切か、すこし多いほう。
二冊目は、「しごとば」。
図書館で払い下げ(!)を受けた。こんないい本なのに、スペースがないんでしょうかね。
誰しもあこがれる新幹線運転手のお仕事、興味深いお寿司屋さんのお仕事、パティシエや美容師さんのお仕事などがリアルな仕事場の絵と一日の流れで解説されている、何度となく読んでいる面白い絵本。
お寿司やケーキなど店頭で買うものの背後に早朝からの仕事があることを感じて欲しいと思う。
続編が出されているようなので、購入したい。
 
更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

ウワサの保護者会~習い事どうする?~

先日、NHKウワサの保護者会で習い事を取り上げていた。
番組では、よく観察し、本人の興味が向くものを応援すれば良い、という取上げ方をしていた。
まぁ、そうですよね。強要してもしかたないですよね。
今、4歳長男には(公文を除くと)水泳だけ習わせている。
共働きでは平日、決まった時間に習い事に連れて行くのは難しく、14時~20時までいつ行ってもいい公文(平日2日)と、土曜の水泳が正直、精一杯。
ところが最近、長男は、保育園でのサッカー教室が楽しかったらしく、サッカー選手になりたいと言いだした。でも水泳もそれなりには楽しんでやっているよう。サッカー、どうするかなぁ…。
 
更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

公文がスムーズだ~

一緒にやることで嘘のように4歳長男の公文がスムーズだ。
隣に座って母が鉛筆を動かすだけで、一人のときと集中力が違う。
枚数も、5枚以上、やれそうなら6枚、7枚とやらせていたのを5枚のみ、本人がやると言ってもまた明日~ということにしてみた。ちょっと物足りない感を出してみようと思う。

更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

家プール&おしりたんてい

主に次男用に出したプールで、長男大喜び・次男大泣き(笑)。
去年の時点でもう3歳長男にも簡単過ぎるかと出さずじゃぶじゃぶ池などに連れていったが、好きにおもちゃで遊べる家プールはまだまだ楽しいようだ。案外小学生になっても喜ぶかもしれない。

午後行った本屋では長男が選択し「おしりたんてい むらさきふじんのあんごうじけん」を購入。

ちょっと4歳には字が多いけれど暗号や迷路など男の子が好きな要素満点の本だった。
7/14からのアニメ放送も楽しみだ~。
次男には自宅にあったこちら。

じっと眺めておもむろに…舐めた。

継続の原動力ですm(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログへ