せなけいこ「あーんあん」

長男が生まれて間もないころ、せなけいこさんの絵本はそれなりに揃えた。
「あーんあん」「ねないこだれだ」「ふしぎなはこ」「おばけのてんぷら」など。
簡単な、あかちゃんから読める絵本だが、展開に意外性があり、印象に残る。
私自身も子どものころ、これら全て、読んだのを覚えている。覚えているくらいだから、4歳か5歳だろう。あかちゃんから読めて、ずっと楽しめ、印象に残る本は稀だと思う。
今朝の0歳次男への読み聞かせは、中でも私が最も気に入っている「あーんあん」。
次男もじっと見ていた。
最後の、僕を助けてくれるでしょ、のところが和む。読む側も朝から楽しい、素敵な本だと思う。
 
  更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

投稿者:

あかさたに

あかさたにと申します。 40代、0歳・4歳の男の子二人の母親です。 将来、息子たちと本を貸し借りしたいという願望達成のため、 日々奮闘しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。