今日の一冊「電車に乗ったよ」

今日は二人に「電車に乗ったよ」を読んだ。
男の子の心を捉える電車絵本。
新幹線のホームに入ったときの主人公の歓声と一心に外を見る様子が可愛い、電車に乗ることの楽しさが表現された本だと思う。
文字は少なめで、2歳頃からずっとコンスタントに手に取っている。

しかし、私が一番好きな電車絵本はコレ。字がない絵本なんです。

両親と3歳くらいの男の子、赤ちゃんの4人家族が祖父母に会いに今は亡きブルートレインで上野から金沢へ。
途中、雪が本降りになる中を列車が走る。
列車の中では人々が思い思いに過ごしている。
朝、駅には祖父母が迎えに来ている。
よくよく見ると今の上野駅にもちょっと名残が残っているが、古き良き時代の電車旅はやっぱり素敵。
昔、ムーンライトえちごに乗ったことをちょっと思い出す。

継続の原動力ですm(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログへ

投稿者:

あかさたに

あかさたにと申します。 40代、0歳・4歳の男の子二人の母親です。 将来、息子たちと本を貸し借りしたいという願望達成のため、 日々奮闘しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。