寝る前のお話

今晩は4歳の長男に久しぶりに寝る前のお話を読んであげられた。なかなか0歳次男の寝かしつけもあり、時間をとってあげられなかったのでよかった。

日本のお話から長男が選び
「わらしべ長者」
「桃太郎」

世界のお話から私が選び
イソップの「塩を運ぶロバ」


頭のいい子を育てるかどうかは知らないが(笑)、語り口調や語彙が多彩な点(「じゃろ」「だっぺ」など方言や文語など)と結末がまあまあシビア(原作寄り)な点が気に入っている。
塩を運ぶロバでは、原作は確かロバが死んでしまうのだが、この本では「溺れてしまいました」で終わっており、少々マイルドになっている。
正規版はお話が366入っており1日ひとつ読むというのも魅力的だが、いかんせん重く、仰向けに読むのが不可能なので、ハンディタイプがおすすめ。

継続の原動力ですm(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログへ

投稿者:

あかさたに

あかさたにと申します。 40代、0歳・4歳の男の子二人の母親です。 将来、息子たちと本を貸し借りしたいという願望達成のため、 日々奮闘しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。