キャラメルポップコーン今度は大成功

キャラメルポップコーン、今度は大成功したのでレシピを載せておきたい。

①ポップコーン30g
油なしでフライパンに蓋をして煎る。
②砂糖60gとバター10gと水大さじ1
カラメル(かなり薄い色)をつくり、①を入れて程よい色まで煎る。

少しの塩気で味が引き締まるのでバターは無塩より有塩がいいようです。

更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

味があるよね「あな」

谷川俊太郎「あな」
さすがに味がある絵本に仕上がっている。
こういう、子どもだけの世界観を表現した絵本、大好きだ。
4歳長男がこれを読んだとき、何を感じているかは分からないが、「どうだった?」「面白かった?」なんて聞くのは野暮というものですね。

更新の原動力ですm(__ __)m にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

キャラメルポップコーン作り

キャラメルポップコーンって美味しいですよね。
今日は家で自作してみました。
まず30gの乾燥トウモロコシと多目の油でポップコーンをつくり、
すいエンサーのレシピを参考に、
砂糖 60g
バター 10g
水 大さじ1
で作ったキャラメルを絡める。
結構しっかりしたキャラメルができ、美味しかった。最後、数秒で急に焦げるのでご注意!
ポップコーンを作るのに少々油を入れすぎたのが反省点。また作ります。

DSC_0624

更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

絵が素敵「バルバルさん」

西村敏雄さんの絵が個人的に好きなのだと思う。
気づくと、本が増えていた。
バルバルさんを筆頭に、
もりのおふろ
まてまてタクシー
皆、やさしい顔をしている。
4歳長男が一番好きなのは「まてまてタクシー」。
ハットさんがタクシーに荷物を置き忘れ、タクシーを追いかけるお話。
男の子が好きな要素が詰まっていて、ケラケラ笑いながら聞いている。
2歳くらいから楽しめる絵本だと思う。

更新の原動力ですm(__ __)m にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

公文「教材終了テスト」国語

4歳長男が公文国語の「教材終了テスト」を受け、テストが返ってきた。
4Aが終わったところなので、「進一基準」なる、公文が定めた学年+6カ月先の基準より遅い。大体、学年ちょうどというくらいの進捗度合だ。
算数・国語両方合わせて一日5枚だと、この程度の進捗になるのだと思う。
うーん。本音を言えばもう少し枚数が進んでほしいが、20分くらいで終わる量が合っていそうなので、まぁ、いいでしょう。
その分、いろいろな読み聞かせやクイズなどで補っておけばよいということにしておこう。
自主的に本も読んでいるし、国語は嫌いではなさそうだ。
平日、あまり公文に時間を取られると、その日の出来事を話したり、クイズやトランプをしたり、という時間が取れなくなり、それはそれでマイナスだと思われ、時間のやりくりが難しい。
私が0歳次男と寝た後(すみません眠いんです)、長男と過ごす夫の働きに期待したい。
頼んだよ~☆

更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

海に行ったら読みたい「ぐりとぐらのかいすいよく」

旅行から帰宅し、選んだ一冊「ぐりとぐらのかいすいよく」
ぐりとぐらシリーズの中で一番好きな絵本だ。
ホテルの窓から遠く灯台の光が瞬いていたのが見えたので読んでみた。
いろいろな泳ぎ方のページなど楽しい絵本でありつつ、葡萄酒のボトルが流れ着いたり、浜辺から灯台の光を眺めたり、と旅情たっぷりなのが素敵な本だと思う。

更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

中学生になったら読んでほしい「バッタを倒しにアフリカへ」

書店で少し前に平積みになっていた「ばったを倒しにアフリカへ」
研究者として働くとはどういうことか、リアルに描いてあり、文章も面白い良本だった。
現代版「職業としての学問」みたい。
ぜひぜひ、息子たちにも中学生くらいになったら読んでほしい。
自宅書棚の目立つところに保管しておくことに決定。
お勧め度☆☆☆☆☆

更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

田んぼに水が溜まるわけ「地球」

4歳長男の今日の一冊はかこさとし「地球」。
旅行中、山、滝、田んぼや地層、山頂に降る雨などを見たのでそれを踏まえて読んでみた。なかなかの食いつきで母はウレシイ。
平日思うように一緒に過ごせない分、田んぼになぜ水が溜まるのか、畑を耕すということはどういうことかなど、素朴な疑問を拾って、いろいろな話をしたいと思う。
このような疑問に答えてくれる、本当に、いい本だ。
0歳次男には新幹線やら特急やらにいろいろ乗ったことを踏まえ「でんしゃくるかな」喜ぶ動物たちが可愛い。

更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

トイレに行ったの!?と言わない

口やかましく子どもを先回りして色々言うのは、上策とは言いがたいと思う。
少なくとも私は実母から分かりきったことを何度も言われて辟易することが多く、同じようにはしたくないなと思っている。母の愛だということはわかってはいるが…。
それで4歳長男には「トイレに行ったの!?」と極力言わないようにしている。
とは言っても、ついつい口から出てしまうが…(旅行中も一回言ってしまった)。
店を出て2分後にはトイレに行きたい…と言い出すこともままあるが、我慢我慢。
その時に親子共々困って、何とかトイレを探して入る、ということを何回か繰り返し、学べばいいと思っている。
現段階で、長男は必ず家を出る前に自主的にトイレに行く、というほどでもないが、ある程度「行っておこう」という気持ちがあるらしいので、良しとしている。
失敗して漏らしたことはこれまで1回のみ。毎回、「トイレに行ったの!?」と言うよりは1回漏らしを受け入れるよ、私は。

更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

夏休み

一週間の夏休み、那智勝浦と南紀白浜に行った。
那智勝浦はまぐろの街。
海は台風で荒れ模様だったが、レトロで何ともいい雰囲気の駅前と那智の滝を見られて大変満足した。中上健次の小説の舞台を見られて嬉しい。南紀白浜から南紀勝浦までの車窓も最高だった。
南紀白浜は変わらず美しい砂浜。
ホテルが砂浜の目の前で0歳児連れ・猛暑でも気軽に浜にちょっとだけ出ることができ、よかった。毎夜、浜から花火が上がるのが嬉しい。

一週間、一切、読み聞かせはしませんでした~。たまにはいいよね。

更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ