その叱り方は好きじゃないな…

4歳長男はシャワーに入ろうと言った夫に「お風呂じゃなきゃ嫌だ」。
(夫が)風呂を沸かして再度誘うと「入らない。パパなんか大嫌い」。
こういうとき、どうしましょうか。
➀どうして入らないの?と理由を聞く。
②入るのは決まりだから、入ろうと説得→叱る。
③じゃあ知らない、一人で入りなさいと言う。
私的には➀が上策、②が中策、③が下策だと思う。
➀だとテレビが見たいから等の理由が解消すれば折り合える。
②なら少なくとも生活のルールは大事だというメッセージは伝わる。
しかし、③は、一人で入れないのが分かってながら一人で入りなさい、と言うことになり意地が悪いし、そう言われたら子どもは泣くしかないのではないかな。しかし、夫は③。
この間もプールに行かない、とごねた長男に一人で行きなさいと言っていた。
そして昨日の風呂も。
正直、私は好きじゃないな、そういう叱り方。
しかし、何でも自分の思うとおりにするのもまた、私の独裁国家みたいで嫌だし、ホント色々よくやってくれているので、とりあえず静観……嘘。
言っておく、私はその叱り方、好きじゃないよ!!

更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

公文「教材終了テスト」

4歳長男が公文算数の「教材終了テスト」なるものを受けた。
今、3Aが始まったばかり(100までの数)なので、まったくもって年齢相応の進捗度だけれど、母はとっても誇りに思ってるよ!
私がやりたいのは、学年より先に進めることではなく、指導要領上どうしてもできてしまう高いハードルをなるべく平準化すること。
たとえば小1なら、ひらがなの学習からすぐに漢字の学習が始まるので、ひらがなの訓練を繰り返す時間は小学校に上がってからはないと思う。
保育園時代の1年半、大切に使いたい。

更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

真の勝ち組(@_@)?

私がこのブログを表示すると、GoogleAdSenseは「くもんの先生になりませんか?」という広告を表示してくる。
4歳長男の公文の先生は40年ほど前、私が小学生のとき教わった方だ(現在、推定年齢75歳)。
200人の生徒がいるとして、平均1.5科目教えているとして、6500円(月謝)×1.5科目×200人=月195万円!!!
経費率は知らないが、真の勝ち組はすぐそこにいるのかも、というお話。素敵。
そしてGoogleに心の中ばれてる感が半端ない(笑)。

更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

カシャカシャハンカチを作成

三連休、0歳次男用にカシャカシャハンカチを作成。
適当なガーゼ布を内表に折り、上にポテトチップの袋など、丈夫でカシャカシャ鳴る素材を乗せて三方向をミシンで縫い、くるっと裏返して残る一方を含め一周ぐるっとミシンをかけるだけ(最初、内表にした布の間に袋を入れてしまい、裏返したら袋が出てきた(T_T))。
簡単に作ったのでよく見ると、一方向、端の処理にアラがあるのだけれど、ご愛敬ということにしておこう。
きちんと作るなら内表に縫わない一方向分だけ、端を折り返してミシンをかけるといいですね。

ベビーカーにつけるために紐もつけてみた。
次男に渡してみると、結構カシャカシャやっている。成功成功。

更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

今日の一冊「かわ」

追悼かこさとしさんコーナーで買った3冊のうちの3冊目「かわ」を読んだ。

「宇宙」「地球」より地味(身近)だが、探し絵の要素もあり、長男も最後まで楽しんで読むことができた様子。
これも良絵本だった。
三冊、どれも買ってよかった絵本でした。

更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

今日の一冊「地球」

追悼かこさとしさんコーナーで買った3冊のうちの2冊目「地球」
こちらは少し「宇宙」よりも取っつきやすく、「地球」について描かれた本。
建造物についても絵が載っていて、4歳長男はピラミッドがサンシャインよりも低いことにショックを受けていた…そりゃそうだよ。
人力で作った点が凄いという私の解説は届いたのか届いていないのか。
宇宙にしろ、地球にしろ、図鑑だと写真メインで、どうしても大きさの比較などが理解しにくいところ、かこさとしさんの絵だと、一目瞭然。
こういうところにも絵本のすばらしさがあると感じた。
既に持っている「海」 と併せて、「宇宙」「地球」「海」でシリーズが揃った格好。買って良かった!

更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

離乳食とアレルギー

7ヶ月の次男のために離乳食本を購入。冷凍必須なので、「フリージング離乳食」にしてみた。 今朝の離乳食は「なすのかつお出汁煮とおかゆ」。
本を買わないでも、保育園の冊子で済むかなぁと思っていたけれど、案外4年前のことは忘れているうえに、保育園の離乳食の進みが長男のときよりも断然、早く、離乳食押しが強い。
適期より遅らせることはアレルギーの予防に効果がないことがこの4年で標準見解となってきたのかな?
厚労省のガイドライン(https://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/03/dl/s0314-17c.pdf)を見てみると(ただし最新が2007年)、とっても分かりにくく、
➀4ヶ月以内は離乳食食べさせるべきではない、
②それ以降の生後数ヶ月間の完全母乳栄養はアレルギー素因のない乳児にとってはアレルギーリスクに関係ない(長期的にアレルギー疾患のリスクを増加させるという報告も見られる)、
③ただしアレルギー素因のある乳児にとっては完全母乳栄養は短期的にはリスクを軽減させる
と書いてあった。
アレルギー素因あるなしの、どちらかが分からないんですけど、というお話(笑)。
WTOの補完食のPDF(http://apps.who.int/iris/bitstream/handle/10665/66389/WHO_NHD_00.1_jpn.pdf;jsessionid=89FD34AA55B336A6EAAAB3A52DE92759?sequence=2)もとりあえず目を通してみた。マトケとは…緑のバナナ。
興味深い…。

結果、親族にアレルギーの子がいないのでアレルギー素因がないと信じ、保育園に勧められるがまま、進めていこうという、フツーの結論に至りました。

更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

今日の一冊「宇宙」

追悼かこさとしさんコーナーで買った3冊のうちの1冊「宇宙」
宇宙というタイトルなのにノミの話から始まるところがこの本の凄いところ。
宇宙に飛び出すためにどのような技術的障壁があり、どう克服するかが理解できる良本でした。
私も全く知らないことがたくさん載っており、当然、4歳長男には難しすぎだったが、かいつまんで読み聞かせたところ、2/3くらいまでは集中力が持った。
よしよし、それで今は十分。大きくなるまでは私が借ります。
読み聞かせではなく、内容を親が理解した上で語り聞かせでもいいかもしれない。
かこさとしさん、ありがとう…。
もう一冊は「バムとケロのもりのいえ」でした。

  更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

「本当の語彙力がグングン伸びる本」

福嶋隆史氏の本第二弾「本当の語彙力がグングン伸びる本」

1400円は割高に感じるが、さらっと読んでおく価値はあった。
お勧め辞典に新明解国語辞典が出ているのには笑った。確かにあの辞書は面白い。確か、恋愛と引くと思春期の錯覚とか出てくるんじゃなかったっけ。
その他、細かいノウハウで参考になる記述も多々あった。例えば、漢字などの答えを教えるときは二択にして考えさせる等、いいなと思った。
一点、漢字クイズのくだりの第一問、
「ショウスウで計算する」は少数だと思うけどこの本では正解は小数らしい。
本当?
「小数の計算をする」なら分かるけど、小数で計算するという言い方ってあるのかな?
ないと思うけどなぁ…どうですか?

  更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

「本当の国語力が驚くほど伸びる本」?

「ふくしま式「本当の国語力」が驚くほど伸びる本」を読んだ。
Amazonのレビューは両極端に分かれているが、概ね高評価。
~偏差値20アップはあたりまえ~というコピーはともかく、筆者の主張には納得感があり、良本と感じた。国語や作文の学習は、中身ではなく日本語の書き方・読み方を教えるべきものなのに、混同されがち、というのはその通りだと思う。
本さえ読んでいれば国語は問題なし、という私の認識は確かに誤りで、国語はもっと、論理で正解を導き出せる科目と理解すべきですね。ただ、算数と違い、国語の公式には例外が常に発生するから、やはり読書量は大事じゃないかと思うけど。
長男が感性で文章を読むタイプか、論理で読むタイプか、読まないタイプか(笑)まだ分からないが、何とか国語という科目をロジカルに教えることができるように備えたいと思う。
とりあえず、今長男と遊んでいる「反対のことばを言え」遊び(from NHKことばドリル)はこの本に照らしても良さそう。
続けようと思う。

  更新の原動力ですm(__ __)m
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ